プリントパック【印刷通販会社 徹底分析】

印刷通販サイト
印刷通販サイト
出典:プリントパックHP(2020年5月)

名刺100枚398円〜の脅威の激安に加えた高品質
予算が限られているならまず選択肢に挙げたい

プリントパック

ネットでいんさ〜つ、プリンっトパッック♪ 早いんさ〜つ、安いんさ〜つ…♪ のTVCMでもお馴染み?のプリントパック。(一緒に思わず歌えちゃうCMってすごいよね)
初めて印刷通販を利用する人でも名前は知っている、という方も多いかもしれません。

CMの通り特徴はもう、とにかく安い!ということです。
“安かろう悪かろう”かと思いきや、品質も良く、商品数も多いですし、紙の種類や加工も不自由は全く感じることはありません。
しかも、少部数でもオフセットで印刷してくれることが多いのも嬉しいポイント。

ユーザー数137万人以上※ という国内ダントツの会員数が人気を裏付けています。
※2020年5月現在

嬉しい特徴・ポイント

安さと早さのひみつ

カスタマーサポートをはじめデータチェックから印刷〜出荷まで、99%以上を自社内で行う「社内一貫生産体制」で、余計な外注コストを削減しています。
拠点・自社工場が北は札幌、南は福岡まで全国に10箇所。

また、“万が一”があっても受けた注文は可能な限り提供する意気込みを感じました。

万一、自然災害等の重大リスクに直面した際も『印刷』というものを供給できる責任を維持し、どこよりもお客さまの安心を優先するため。

(出典:プリントパックHP

満足できなければ返品できる

完全返品保証」を謳う自信の現れも素直に「すごい」と思います。

これは、部数や金額に関係なく、満足できなければ返金または再印刷ができるというサービス。初回から3回目までの注文、または、発表から3ヶ月の間の新商品が対象です。

“先に見て選ぶ”ことが難しい受注生産型の印刷通販なのに、ノーリスク!
新商品がけっこう頻繁に発表されている印象があるので、印刷通販が初めての人だけでなく、リピーターにとってもかなり魅力的なサービスです。

業界初!【注文前】の自動データチェック

通常、データチェックは【注文後】に行われるものでした。
これによって「データ不備で納期がずれる」という心配がどうしてもありました。

プリントパックでは、データ入稿する際(注文した後)に利用できる自動データチェック「クイックデータチェック」が以前からありましたが
このサービスをベースに開発・サービススタートしたのが、「ご注文前クイックデータチェック」です。

「入稿データの不備によって納期が変動するのは心配」
「注文前にまずはデータがOKかどうか、問題ないかを先に知りたい」
印刷発注に不慣れなお客様からは特に、そんなお声も多くいただいてきました。

(出典:プリントパックHP

利用のシーン例を挙げることなく、まさにコレです!

私も、注文後に利用できる「クイックデータチェック」を利用しています。
仕上がりイメージが3Dビューで表示されるので、表裏の向き、折り加工などが立体的に確認ができる点がとても安心できます。

対応アプリケーションも豊富なので、利用料も無料ですし、気になる人はHPで一度見てみてください!

キャンペーンや新商品リリースがしょっちゅう

ただでさえお安い価格がさらに安くなるキャンペーンや、新商品が次々にリリースされています。
たとえば2020年2月は17件・3月は22件・4月は8件…でした。

印刷発注をする前に、一度HPを覗いてみると良いことあるかも、なんて思っちゃいます。

さらに、新リリースのサービスから気になるものを発見。
2020年3月にリリースした、オンラインでA4チラシが編集できる「かんたんデザイン(β版)」!

デザインソフトがなくとも、背景を選んでテキストを入力していくだけで完成します。
こちらが経営が心配になるくらい(余計なお世話ですが)の激安さ加減なところに、「あぁ…激安なプリントパックでもオンラインデザインが始まったか…!!」と、個人的には期待感がモリモリです。

まだ機能を絞った先行のβ版ですが、これから機能が増えていく段階。
正式リリースではどんなサービスになるか、注目したいです。

不満の声も…良くない口コミ一覧

不満の声は、どんなに評価の良い印刷会社にも少なからず1つ以上はある口コミですが
プリントパックは、私自身もデザイナー仲間も利用させてもらっていたので、インターネット上でみかけたものと合わせて、不満の声を紹介します。

  • 電話の対応は良いものの、とても繋がりにくい
  • 版ずれしたものが納品された
  • オンデマンドで印刷された時の色・濃度があまり良くない
  • ミシン目オプションで加工が甘いものがあり、手ではちぎれないので結局ハサミを使った

一番多くみかけた不満は「電話が繋がりにくい」でした。
電話の前にまずはガイドを確認したり、余裕があればメールでの問い合わせが良さそうです。

…そして、実は……私もプリントパックに依頼して版ずれの経験があります。

その時は、身内のチラシ・急ぎ・読めない程でもない(主観です)ということもあり「ま、いっか。」と楽観的に考えて、そのまま何も連絡せずに使っちゃったのですが。笑(レビューにならない!すいません…)

これがクライアント様の案件だったら問い合わせの連絡をしていたと思います。
前述した「完全返品保証」の対象になれば再印刷をお願いすることができたかもしれません。

プリントパックは価格重視・データを事前にチェックしたい人におすすめ

とにかく低価格で、かつ値段以上のクオリティが特徴です。

紙の種類もオーソドックスなものは不自由なく揃えられていますし、オンデマンド印刷ではさらに広がり風合いのある紙が選べます。

“完全データ”が前提の発注になるところをサポートしてくれる、クイックデータチェックを利用すれば、発注前でも印刷可能なデータかどうか・不備がないかが、その場で確認できます。
裏表・折り等の確認が3Dビューで立体的にチェックできる安心感はすごいです。

「とにかくリーズナブルに実現させたい!」

「発注前でもデータが大丈夫かどうか知りたい」

そんな考えをもっていて、かつ、ある程度データ作成が可能な人におすすめです。

※掲載している情報は、2020年5月時点でのセトガミ調べの内容です。
※印刷会社の詳細情報は、 プリントパック公式サイトより引用しています。最新の情報は公式サイトでご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました