【自動紙折り機】紙の選び方|印刷通販では厚さ何kg?[g/㎡→kg換算表]

自動紙折り機の用紙の選び方 印刷通販
印刷通販

企画書作りや会員へのDM・チラシの発送業務、ポスティング用の書類折り…

そこそこ値段の張る買い物ですが、手作業で折る手間を考えると、スピーディにこなしてくれる自動紙折り機は優秀な相棒。折り機を持っているなら、印刷会社に加工まで頼む必要もありませんね。

でも、たくさんある用紙からどの種類と厚さを選べばいいのか、よくわからない人もいるのでは?

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
DTPデザイナー歴約15年、現役グラフィックデザイナーのセトガワです。

紙の厚さは、
自動紙折り機の取説では「60g/㎡〜90g/㎡」など、g/㎡”の「坪量」で書かれていることが多いです。

ところが、
印刷通販会社のホームページでは、kg”の「連量」で書かれています。

で、結局、60g/㎡って何kgなの?

毎月大量のチラシを紙折り機を使って折って発送する事務職の友人が、どのくらいの厚さまで折り機に入るのか気になっていると言うので、同じように気になっている方のために!

今回はそこらへんを紹介します。

g/㎡→kg換算表

まず、自動紙折り機に向く紙質は、いわゆる“ツルツルしていない紙”が適しています。

中にはツルツルの紙にも対応している機種もありますが、
多くの機種では上質紙更紙などがメーカーの取扱説明書に掲載されている用紙例です。
あと、クラフト紙マット紙もたいてい対応できると思います。

そこで、上質紙・色上質紙・マット紙の換算表を作りました!

坪量上質紙色上質紙マット紙
64g/㎡55kg薄口
82g/㎡70kg中厚口70kg
105g/㎡90kg厚口90kg
128g/㎡110kg特厚口110kg
※紙のメーカーによって誤差があるので値は目安です ※連量(kg)は四六判の場合です

対応用紙の種類は、所有する紙折り機の取扱説明書を確認してください。
対応外の用紙はあくまで自己責任でお願いします。

自動紙折り機の対応用紙は、平均して52.3〜127.9g/㎡程度がであることが多いです。(もちろん、機種によってもっと幅があるものもあります!)

重ねずに1枚で折るなら55〜90kgの紙を使うことが安パイと言えます。

今回参考にしたのは以下などの機種です。

g/㎡とkg(坪量と連量)の違いとは

どちらも元は重さの単位ですが、紙の場合は厚さを示す単位です。
その違いは、“はかり方”にあります。

紙の厚さを表す単位は大きく分けて3種類あります。

  • 坪量(g/㎡)
  • 連量(kg)
  • 紙厚(mm・μm)

坪量

坪量は1㎡あたりの用紙1枚重さです。
「g/㎡」や「米坪」「メートル坪量」で表記されます。

連量では、次項で説明しますが、原紙サイズによって値がかわります。しかし、坪量は“1㎡あたりの重さ”と決まっているので、原紙サイズが違っても重さは変化しません。

コピー用紙などでよく用いられているので、コピー用紙の包装紙や箱を見てみると64g/㎡や66g/㎡などと書かれていると思います。(私が使っているコピー用紙は66g/㎡でした〜)

連量

連量は「kg」で表記されます。
原紙(決められたサイズの紙)を1,000枚重ねたときの重さです。

印刷用紙の厚さは、一般的にこの「連量」(斤量ともいいます)で表されます。

厚みと重量は比例しますから、厚くなれば重くなります。これが、重さの単位である「kg」ながら、厚みを表すための目安になっているのです。

ちなみに、“決められたサイズ”とは、「四六判」「菊判」などがありますが、主に印刷用紙では「四六判」が元になっています。

紙厚

「mm」や「μm」で表記されます。
1枚の厚さをメートルで示したものです。これ以上説明のしようがないくらいシンプルですね。

一般的なコピー用紙は0.09mm前後です。

おわりに|まとめ

自動紙折り機は、機種によって異なりますが平均して以下の条件の紙に対応しています。

  • 用紙の種類:上質紙・更紙・再生紙など
  • 用紙の厚さ:52.3〜127.9g/㎡程度が中心

用紙の種類は、いわゆる“ツルツルしていない紙”で、上質紙などが当てはまります。
厚さは、連量で言うと 55kg〜90kgです。色上質であれば、薄口〜厚口です。

一般的なコピー用紙は、上質紙70kgが近いです。

坪量上質紙色上質紙マット紙
64g/㎡55kg薄口
82g/㎡70kg中厚口70kg
105g/㎡90kg厚口90kg
128g/㎡110kg特厚口110kg
※紙のメーカーによって誤差があるので値は目安です ※連量(kg)は四六判の場合です

機種によってはコート紙・アート紙などのツルツルの紙に対応していることもあります。
対応用紙は、所有する自動紙折り機の取扱説明書を確認してください。対応外の用紙を使う際はあくまで自己責任でお願いします。

紙折り機の取扱説明書では「g/㎡」で書かれていることが多いですが、印刷通販では「kg」で案内されているので悩まれることも多かったと思います。

少しでもお役に立てたら幸いです!

タイトルとURLをコピーしました