グラフィック【印刷通販会社 徹底分析】

印刷通販サイト
印刷通販サイト
出典:グラフィックHP(2020年5月)

オリコン2年連続1位の実績
安定した仕上がりと豊かな商品バリエが、プロにも愛される理由

グラフィック

印刷通販の老舗とも言える「グラフィック」。
安価なことを謳う数ある印刷通販会社の中で、“激安”とは言えません。

しかし、仕上がりの一定さ・高いクオリティがグラフィックの“標準”です。
商品バリエーション・取扱用紙・加工オプションの豊富さも目をみはるものがあります。

こだわりがある作家・プロのデザイナーからも多く支持されながら、初心者にも優しいサービスが多々あります。
さすが、オリコン顧客満足度ランキング1位を2年連続受賞した実力!

嬉しい特徴・ポイント

高い品質の“標準印刷”が、さらに…

グラフィックではスクリーン線数210線の高画質な印刷が“標準印刷”です。

印刷に詳しくない人にとっては、“210”という数字がスゴイのか?スゴくないのか?なんてピンと来ないと思います。

スクリーン線数を簡単にいうと、印刷のキメの細かさのことで、数字が高いほど精細になります。印刷通販に限らず、多くの印刷会社では“175線”が一般的です。
それだけで「あー、210線は高精細なんだなぁ」とわかってもらえると思うのですが

実はグラフィックでは、さらに、280線にグレードアップできる「グラフィックビジョン」というオプション(印刷料金の+10%)があります。

210線を“標準”としているだけでも十分謳い文句になるのに、280線にもできるって、けっこうスゴイことだと思いませんか。

また、今回調べていて存在に気づいたのですが
グラフィックビジョン以外のオプションも気になります!
高濃度でメリハリがでる「スーパーリアル」(印刷料金の+20%)は、特に紫系と黄緑系の色が鮮やかに再現できるそうですよ。同人作家さんには特に嬉しいかも。

バラエティ豊かな商品ラインナップ

紙モノは、チラシや名刺などの定番商品はもちろん、慣れていない人にとっては加工指示がむずかしい商品が、レギュラー商品として用意されています。

ほかにも、紙箱パッケージや、マステ・アクキーなどのグッズ、販促グッズまでも展開していて、もうここでは紹介しきれないほどの多彩さ。

しかもホームページ上で価格がすぐ出るのが嬉しいポイントです。

他社でも同様の商品展開をしている会社はあるものの、特殊ものは“要見積もり”だったりして「商品を考えるために参考価格を知りたいだけなのに…」とブラウザバックしてしまうことも“あるある”です。

オリジナル商品展開を考える社長さんや作家さんにとっては、見ているだけで想像が膨らみそうです。

「人とちょっと違ったものが作りたい」用紙とオプションが豊富

取り扱っている用紙の種類は207種!(厚みの差も含む)
リーズナブルでスタンダードな用紙に加え、風合い豊かな高級紙もかなり幅広く扱っています。

印刷インキ・トナーのオプションは、
「白インク」「DIC特色」「ビビッドカラープリント」あたりが印刷通販で頼める会社は多く見かけません。

白インクは、名前の通り白いインキでの印刷で、暗い色の紙(黒色の紙やクラフト紙など)や、透明な素材(クリアファイルなど)でその特性を発揮します!

私にすると、白インキの印刷物はかなりウキウキするモノのひとつ。

ほか、ツヤのある盛り上げができる「厚盛ニス」や「厚盛箔」、エンボス・型押し・レーザーカットなど、触っても楽しめる印刷物もできます。

紙の種類が他の印刷所よりも豊富で、少し変わった印刷物を作りたいときに重宝しています。

出典:オリコン顧客満足度ランキング

豊富な用紙はサンプルを請求すれば手元で確認できるものがあります。
有料ですが、新規会員登録時に500ptがもらえるのでポイントを使えば実質無料で請求できます。(500pt以上必要なサンプルもあります)

ユーザーファーストとも言えるサービスの数々

完全データに自信がなくとも、自動データチェックが利用できるので、問題のある部分が見つかればすぐに対応できます。
自動チェックは、Web上でチェックができるPDF入稿と、Illustratorプラグインを使った「ダイレクト入稿」、Officeファイルの変換プレビューで使えます。

データチェック結果をうけてデータ不備を直して再入稿していたら、納期が遅くなってしまった、ということも回避できそうです。

遅い時間まで電話サポートを受け付けてくれる(9:00〜24:00)点も、夜に作業している人にとってありがたいです。

また、ブラウザで編集してデータが作れるツールがあります!
ハガキや名刺・封筒・挨拶状など、商品とテンプレートを選び、文字を打ち換えて注文が完了します。

webデザインツールがあるのがありがたい。価格がお安く、納期によって価格が変わるのが良い。希望した納期より早く到着することも多々あり、ありがたい。

出典:オリコン顧客満足度ランキング

そして、もうひとつ紹介しておきたいのは、学生なら10%OFFになる「学割」があること。サークルのチラシや会報誌・卒業制作にも利用できそうです。
デザイン系・アート系を専攻している学生さんなら利用しない手はないんじゃないでしょうか。(私も学生のときに知りたかった……!)

割引制度は、ほかにも「ボリュームディスカウント」「Gプレミアム」がありますが、まとまった印刷を依頼する人や事業者向けの印象。

しかし不満の声も…

安定したクオリティでプロの愛用者も多いグラフィックですが、
「最近品質が落ちたのでは」という声をみかけました。

かなり以前からこちらの会社を利用しており、印刷の質の良さと値段の手頃さ、入稿方法が楽、用紙の種類の豊富さなど、他の会社にない魅力を感じておりました。
が、今回久しぶりに利用しまして、(中略)赤みが強く、全体的に色がしずみ、ざらつきがあります。
とてもオフセットとは思えませんし、資料請求で届く紙サンプルの刷り上がり発色ともまったく違っています。

出典:みん評

この他に、「データチェックが遅い」というもの。

データチェックがとにかく待たされます。(中略)
丸2日待たされてやっと返事が来て(中略)「今からチェックしてOK出た日が入稿日です」の一点張り…データチェックの遅さは無視されます。
一体何人でチェックしているの?どこの印刷所でも2日も待たされた事なんてありません。

出典:みん評

社内体制の問題なのか、はたまたユーザーが多くて追いつかないのか…?
原因はわかりませんが、不満を感じる人もいたようです。

ただ、このような意見ばかりではありません。
満足している声がとても多くみられます。

グラフィックは、品質を求める人・凝ったものが作りたい人におすすめ

グラフィックは、高画質な印刷品質、豊富な紙・加工と、
目移りしそうなほど多彩な商品ラインナップが魅力です。

スクリーン線数が標準210線と280線の超高精細出力オプションは他社では見かけない技術。
取扱用紙は207種と多彩で、風合い豊かな高級紙を選ぶことができます。

「人と差をつけたい」

「凝ったものが作りたい」

という希望がある人に。
そして、自身の作品にこだわりたい人や、プロのデザイナーも御用達にできる印刷会社です。

※掲載している情報は、2020年5月時点でのセトガミ調べの内容です。
※印刷会社の詳細情報は、 グラフィック公式サイトより引用しています。最新の情報は公式サイトでご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました