Excelの表をIllustratorにコピペ!編集が楽な形で貼り付け&デザインする方法

デザイン
デザイン

Excelなどの表計算ソフトで作成した表を、Adobe Illustratorでグラフィカルな表に作り直したい。
そんなときに読んでいただきたい記事です!

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
DTPデザイナー歴約15年、現役グラフィックデザイナーのセトガワです。

表計算ソフトの一部のセルをイラレに単純にコピペすると、思ったような結果が得られないことがあります。たとえば、次のようなパターンです。

  • 余計な罫線が付いて、データはバラバラでペーストされる
  • 埋め込み画像でペーストされる

編集・デザインしやすくコピペできればいいのに…

そこで! この記事では、
Illustratorの段組みをする機能であるエリア内文字オプション]を活用した、表づくりに役立つ方法を紹介します。

[エリア内文字オプション]を使って表をつくるメリット
  • エリア内テキストが1つになるのでバラバラになってしまうことがない
  • 全コマ(セル)に均等な余白が付けられる
  • 行・列を増やしたときの調整が楽
[エリア内文字オプション]を使って表をつくるデメリット
  • 1マス(セル)の幅・高さがすべて同じになる
  • 1マスに2行以上のテキストを入れるのが難しい

「デメリット」でも示したとおり、この記事で紹介している方法は、作りたい表の1マス(セル)の幅・高さがすべて同じの場合で有効です。

1列でも違う場合はこの方法ではできませんので、違う方法で表組みが必要です。

作業の流れ

今回は、表計算ソフトで作成された架空のレッスン料金表を、Illustratorでグラフィカルな料金表に作り変えます。
作業の流れはこうです。

  1. Illustratorでベースになる表の罫線を作る
  2. 表計算ソフトのデータをコピーし、Illustratorでペースト
  3. [検索と置換]でtabを改行に置き換える
  4. [エリア内文字オプション]で段を設定
  5. フォントの調整、飾り付け

作業1)Illustratorでベースになる表の罫線をつくる

Illustratorの[長方形ツール]で、作りたい表の大きさの四角いオブジェクトを作ります。
※この時のオブジェクトの大きさは後から使います!

オブジェクトを選択したうえで、メニュー[オブジェクト]→[パス]→[グリッドに分割(または段組設定)]を選びます。
左下の[プレビュー]にチェックを入れながら値を入力すると、結果を見ながら設定できるのでおすすめです。

作りたい表の段数を行と列にそれぞれ入力すると、均等に分割されたマスができます。(以降、できたマスのことを「セル」と呼びます)

[高さ][幅]はセル1つあたりの大きさの値を入力する部分ですが、この項目は変更しないようにしてください。(今回は既に作りたい表の大きさでオブジェクトを作成したので)

[間隔]はセル間の隙間の設定です。値をゼロにすると罫線同士がピッタリと重なります。
※この[間隔]の値を1px以上にする場合、その値は後から使います!

セトガワ
セトガワ

今回は、表の大きさはW500×H200pxで、[間隔]はそれぞれ5pxにしました。メモメモ!

希望する罫線ができたら[OK]をクリックしてください。

作業2)表計算ソフトのデータをコピーし、Illustratorでペースト

表計算ソフトに移動して、表にしたい範囲のセルを選択・コピーします。
コピーしたらIllustratorに戻ってください。

そして、適当な場所(任意)に、作業1 で作った四角いオブジェクトと同じサイズの[エリア内文字]を作成し、ペーストします。

※大事なのは【テキスト(文字情報)として】ペーストすること!

セトガワ
セトガワ

作業1 でメモった値の1つ目はココで使います。
500×200pxで罫線を作ったので、エリア内文字も500×200pxです。

作業3)[検索と置換]でtabを改行に置き換える

ペーストした文字列はセルごとにtabで区切られています。
これから、このtabを改行へ置換していきます!

手作業で変えてもモチロンいいのですが、項目数が多いと手間がかかるので一発で済ませましょう。

メニューバーの[編集]→[検索と置換]を選びます。

検索文字列]の右側にある“@マーク”の部分から[タブ文字]、
[置換文字列]は同じく“@マーク”から[強制改行]をそれぞれ選んでください。

すると、検索文字列には「^t」、置換文字列には「^n」が入力されたと思います。

この状態で[検索]→[すべてを置換]をクリックすると、tabで区切られていた部分が改行され、タテにズラーっと並ぶハズです。([エリア内文字]になっているので最後まで見えていませんが大丈夫!)

同じIllustratorファイル内に他にもtabを使った箇所があった場合、[すべてを置換]にすると文字通り全て改行されてしまうので注意!

置換し終わったテキストを、作業1 で作成した罫線の上にピッタリ重ねます。
[整列]パネルで揃えると楽で確実ですね。

作業4)[エリア内文字オプション]で段を設定

この時点で見本作成中は“表組み”になる気配がまだありませんが、こんな様子になっています。↓

さあ、一気に表っぽくなりますよ。

[エリア内文字オプション]で、均等な余白をつけます。

テキストを選択したうえで、メニュー[書式]→[エリア内文字オプション]を選び、それぞれ任意の値を入力していきます。

このとき、任意で入力する箇所は以下の5箇所です。

  • 行の段数
  • 列の段数
  • 行の[間隔]
  • 列の[間隔]
  • [オフセット]の[外枠からの間隔]

※[サイズ]は、今回は変更すると崩れてしまうので触らずに!
※[オプション]の[テキストの方向]は、デフォルトのまま[横組み(左から右)]になっていることを確認してください。

行と列の[間隔]はセル間の隙間の値で、[オフセット]は外枠からの隙間の値です。

このとき、[間隔]の値を[オフセット]の値の2倍にしておくのがおすすめです。セルの中央に文字を配置しやすいです。

作業1 で罫線に[間隔]を作っていた場合…
その数値を考慮して[間隔]の値を入力します。[オフセット]の値の倍 + 罫線の間隔 の値が良いと思います。

セトガワ
セトガワ

作業1 でメモった、罫線の間隔の値はココで使います。5pxにしてありましたね。そして、いま[オフセット]の値は10pxにしました。なので、

行と列の間隔 =  (オフセット10px × 2) + 罫線の間隔 5px = 25px

としました!

これらの値を入力すると下のようになります。ちょっとゴチャゴチャしてますが、均等な余白がついてることがわかると思います!

作業5)フォントの調整、飾り付け

まだ文字に対する設定を何もしていませんので、調整していきましょう。
文字に対しては、フォントサイズや書体・揃え・色など。そして罫線に対しても線の色や幅・塗りなどをデザインします。

[エリア内文字オプション]は後からでも値の変更が可能です。また[オフセット]の項目にある[1列目のベースライン]でも微調整しても良いでしょう。

完成〜!!

セトガワ
セトガワ

今回は、罫線をベタの背景色に変更して作ってみました!

最後に[まとめ]

表計算ソフトで作成した表を、Illustratorでグラフィカルな表(テーブル)に作り直したい時の作り方を紹介しました!

作業の流れ

  1. Illustratorでベースになる表の罫線を作る … 長方形のオブジェクトを[グリッドに分割(または段組設定)]で均等な格子状にします
  2. 表計算ソフトのセルをコピーし、Illustratorにペースト … 【テキストとしてペーストする】ことがミソ
  3. [検索と置換]でtabを改行に置き換える … [検索と置換]で一発変換
  4. [エリア内文字オプション]で段を設定 … 行と列の[間隔]、[オフセット]で均等な余白をつける
  5. フォントの調整、飾り付け … Illustratorが得意なグラフィカルにするパート!

この記事で紹介している方法は、作りたい表の1マス(セル)の幅・高さがすべて同じの場合で有効です。
1列でもサイズが違う場合はこの方法ではできませんので、違う方法で表組みが必要です。タブルーラを活用する方法や、罫線を一本ずつ・テキストをバラバラに作る方法、またはInDesignで作る方法も考えられます。

なお、この通りに作業すれば、Excel、Googleスプレッドシート、Numbers、LibreOffice、OpenOfficeでセルをコピーできることを確認しました。ほか表計算ソフトでは未確認ですが、恐らくどんな表計算ソフトからもコピーできると思います、たぶん。

デメリットはありますが、作業効率などの得られるメリットは多くありますので
ぜひIllustratorで表作りをする際には試してみてください。

お手伝いになっていたら幸いです! お読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました