印刷を出すならデータはCMYKで!RGBモードがNGなワケ

印刷データはCMYKで 印刷通販
印刷通販

デザインができた!発注しよう!
よし、その前にデータのセルフチェックだ!

チェックリスト「CMYKモードで作成されてますか?」

(゚Д゚)え?

…と思った方いますか?

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
DTPデザイナー歴約15年、現役グラフィックデザイナーのセトガワです。

印刷データは、RGBモードでなく、CMYKモードで作りましょう。
コレ、鉄則です。

でも、Photoshop ElementsOfficeソフト にはCMYKモードはありません。
最近は多くの会社では印刷の対応をしてくれますが、
色味が変化する可能性があるので、了承した上で発注しましょう。

ではなぜ、RGBモードがNGなのか??

どちらも三原色だけど、そもそもの表現方法が違う

RGBは「発光」で見える「光の三原色」のこと

R(赤Red )・G(緑Green)B(青Blue)で作られていて、
混ざると明るくなり、白に近づいていく混色方法で「加法混色」と呼びます。
パソコンやスマホ、テレビ、照明(スポットライト)などがこれにあたります。
デジカメの写真もRGBです。

CMYKは「色素」で見える「色の三原色」のこと

色の三原色

C(シアンCyan)・M(マゼンタMagenta)・Y(イエローYellow)で作られていて、
混ざると暗くなり、“理論上は”黒に近づいていく混色方法で「減法混色」と呼びます。
絵の具やインキなどがこれにあたります。

セトガワ
セトガワ

幼い頃、絵画の時間に
絵の具が付いた筆を同じ水で洗い続けていたら、きったない暗い茶色や灰色の水が出来上がった経験が誰もがあるはず。
アレが減法混色です。

先に、“理論上は”黒になる、書いたのには、訳があります。

理論上確かに黒にななるのですが、
実際にはCMYの3色を混色してもキレイな黒色にするのは難しいのです。
鈍い暗色にしかなりません。

そこで、黒のインクの1色を足して、CMYKの4色が採用されています。
このKが加わることが、フルカラーのことを「4色印刷」と世間で呼ばれる所以です。

また見た目の美しさのほかにも、
黒を表現するときに必要なインクの量が少なく済むため、コストの点も、インクを乾燥させる時間が短くすむ点でも、理にかなっています。

セトガワ
セトガワ

ちなみに「K」は、BlackやKuroからきてる訳でなく「Key Plate」のKです。
私はしばらく「Black」の「K」だと思ってた時期がありました…

色表現できる色の数が違う

“数値”で表現できる色は、光の三原色が1,600色・色の三原色は1億色と言われていますが
実際に表現できる領域は光の三原色(RGB)の方が広いです。
(気になる方は「色空間」で検索してみてね)
つまり、RGBでは再現可能であっても、CMYKでは再現できない色があるということ。

RGB(光の三原色)で作った色を、CMYK(色の三原色)に変換してみました。
再現できない範囲の色は、近似色に置き換えられるので、
どギツイ 鮮やかな色はくすんで失われてしまいます。

上2段の黄緑色やピンク、水色あたりが色の変化がわかりやすいですね。

Photoshop ElementsやOfficeソフトで作ったものを印刷するなら

CMYKモードが設定できないソフトウェアで作ったものも、印刷は可能です。

でも前述したように、色の表現の領域が違うために、
RGB特有の鮮やかな色は、思わぬ色に変化する場合があります。
印刷会社でRGBデータを変換してもらたときに起こる色の変化は、保証の対象外ですので、色使いには注意が必要です。

対応しているソフトウェアは各印刷会社で異なるので事前に確認を!

RGBモードがNGなワケ まとめ

RGBの方がCMYKに比べ、広い範囲の色を表現できます。

RGBで作った色をCMYKに変換すると、
表現できなかった範囲の色は近似色に置き換えられて
結果、くすんだ色になって、希望する色が印刷できない場合があります。

そもそも、CMYKとRGBでは色の表現方法が違い、

RGBは、それぞれの頭文字の色である、R(Red)・G(Green)・B(Blue)の3色です。
「光の三原色」と呼ばれ、パソコンやテレビなどがそれにあたります。

CMYKは、これも頭文字の色である、C(Cyan)・M(Magenta)Y(Yellow)の3色に、黒のK(Key Plate)を足して4色です。
CMYは「色の三原色」と呼ばれ、インクや絵の具などがあります。
印刷では、もちろんインキを使いますから、CMYKです。

セトガワ
セトガワ

イメージしている希望の色で印刷をするためにも、
RGBのデータで印刷するときには、
色使いには注意が必要であるということを覚えておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました