イラレの画像配置【リンク】と【埋め込み】の違い、メリット・デメリット

Illustratorリンクと埋め込み違い デザイン
デザイン

イラレの画像のリンク埋め込み…何となく使っているけど、どう違うのか?
わかって使っていますか?

おはようございます。こんにちは。こんばんは。
DTPデザイナー歴約15年、現役グラフィックデザイナーのセトガワです。

Adobe Illustratorで配置されている画像は、【リンク】と【埋め込み】のどちらか。
それぞれ、特性をわかった上で作業すると、効率も安全性もUPしますよ。

メリット・デメリットを詳しく解説します!

Illustratorの画像配置2パターン

Illustratorで画像を配置する方法は、タイトルの通り【リンク】と【埋め込み】の2つ。

 リンク配置埋め込み配置
ファイル容量小さい大きい
パソコンの処理早い遅い
リンク切れの心配あるない
画像編集した時の反映即時再配置が必要
管理するファイルの数画像点数が
多ければ多いほど多い
Illustratorファイル
1点だけでOK
Illustrator上での
オブジェクトの編集
できないものがあるできる

配置している画像が【リンク】なのか【埋め込み】なのかを確認するには
リンク]タブを見てみましょう。

画像一覧が表示されていますが、ファイル名の右側、赤い丸に注目。
【リンク】配置はマークはなく、【埋め込み】と【リンク切れ】にはマークがあります。
ひと目で画像がどう配置されているかがわかります。

リンクタブが表示されていない場合は、メニューバー[ウィンドウ]→[リンク]で表示されています。

リンク配置のメリット・デメリット

リンク配置とは、Illustratorとは別にある画像ファイルを呼び出してプレビューで表示させている状態です。

メリット
  • Illustratorが軽い
  • パソコン側の負担が少ないので、処理が早く保存も早い 
  • 画像をPhotoshopなどで編集しても即反映される

デメリット
  • リンク先の画像の場所・ファイル名を変えるとリンク切れにる
  • 配置している画像点数が多いと管理するファイル数が増える
  • 効果の一部の機能(ワープやエンベロープ)が使えない

Illustratorが軽い!

Illustrator側では“プレビュー”しているだけで、画像ファイル自体は別になってますから、比較的サクサク動きます。

制作の作業中には特に処理が早いので効率が良く感じられます。
パソコンへの負担軽減にもなりますし、Illustratorのファイル容量が少なくて済みます。

画像編集後は即反映

画像編集した時にリンクを更新するだけで、即時に反映されることが
私個人的にはポイントが高いです。

ちょっとだけ編集をしたいという時も、手間はかなり少ないです。

さらに、Illustrator上で編集したい画像をoptionキー(WindowsはAltキー)+ダブルクリックで、オリジナルデータが開けるのも効率がよすぎて涙が出そうです。

リンク切れする

しかし、保存場所を変えたり、ファイルの名前を変えたりしちゃうと、リンクが切れてしまいます。

ファイルを整理するためにフォルダの名前を変えたりすると、次に開いたときにリンク切れ…なんて、しょっちゅうです。(あれ…私だけ…?)

でもそれを回避するのが、「Links」フォルダ!

Illustratorファイルと同じ階層にこの「Links」フォルダがあれば勝手に再リンクしてくれます。※CS6・CC以降 リンク切れ常習犯だった私の救世主です。
大文字・小文字も認識されるので、必ずフォルダ名は「Links」に

埋め込み配置のメリット・デメリット

埋め込み配置とは、Illustratorのデータ内に画像データも含めている状態です。

メリット
  • リンク切れの心配がない(元の画像を消してしまっても平気)
  • 管理するファイル数がIllustratorファイル1点で済む
  • 効果のワープやエンベロープが使える
デメリット
  • Illustratorが重い
  • パソコン側のスペックによるが、負担が増えて処理が重くなり、保存も遅い
  • 画像をPhotoshopなどで編集すると配置しなおし

ファイル不足(リンク切れ)の心配がなくなる

ファイルを誰かと共有するシーンでも「画像が足りません!」なんて言われることもなくなります。

リンク配置にしていると、配置している画像が多ければ多いほどファイル数が増えます。フォルダ内にズラーっと並んだ画像ファイルから特定のファイルが見つけにくいこともあるでしょう。
でも、埋め込むなら、ファイル数が少なく、フォルダ内はスッキリ。ファイル管理は直感的にできます。

ファイル容量が大きくなる

ちょっとこの画像を見てください。

これは、私が実際に作ったチラシを、リンク配置と埋め込み配置にした比較です。
内容は全く同じものですが、画像配置をリンクor埋め込みだけを変えて保存してみました。
それだけで、ここまで差があるのです。

もしかしたら、超!ハイスペックなパソコンなら、あまり気にならないかもしれませんが…もっさり動くのは効率が悪いですからね…。

リンクを埋め込みにする・埋め込みを解除する

リンク→埋め込みにするには、2つの方法があります。

リンクを埋め込みにする方法①
画像を選択し、[リンク]タブの右上、(三本線マーク)から[画像を埋め込む]をクリック

リンクを埋め込みにする方法②
Illustratorの新規保存時に、[Illustratorオプション]の[配置した画像を含む]にチェックを入れる

埋め込み→リンクにするには

リンク]タブの右上、(三本線マーク)から[埋め込みを解除…]をクリックし、
ファイルを選択する※CS6・CC以降

おわりに

 リンク配置埋め込み配置
ファイル容量小さい大きい
パソコンの処理早い遅い
リンク切れの心配あるない
画像編集した時の反映即時再配置が必要
管理するファイルの数画像点数が
多ければ多いほど増える
Illustratorファイル
1点だけでOK
Illustrator上での
オブジェクトの編集
できないものがあるできる

メリットとして考えられるのは赤字にしてみました。

Illustratorで画像を配置する方法は【リンク】と【埋め込み】の2通りありますが

それぞれメリットもデメリットもあるので、理解した上で、メリットを活かした使い分けるができると作業効率も上がり、ミスやロスも減ります。

私は、制作作業中とネイティブデータはリンク配置、誰かにデータをお渡しする時は埋め込みにしています。
私はMacユーザーなので、相手の方がWindowsだと、なおのこと埋め込みが安心です。

ネット印刷通販で推奨している方法は、各印刷会社で異なるので、テクニカルガイドを確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました